今日は、そもそも、「熟年と言われる世代になって結婚をするメリットがあるのか?」について少しお話させていただきます。

当サイトをご覧の方は、すでに感じていらっしゃると思いますが、人は歳を追うごとに体力がなくなり、健康に不安を抱くようになります。

そこで、一緒に暮らす人を持つことで、体力が無くなって来たことをお互いに補い合うことができます。

特に男性が現役を引退してからは、協力し合う必要があると思いますし、さまざまな雑事をお互いに分担して行なうことで暮らしはとても楽になります。

実際に病気になってしまった時は、特にそうですよね。介護問題などは言うまでもありません。

また、一人暮らしって意外とお金がかかるんです!

生きていくだけでかかる様々な費用は、二人分だと2倍になるか?というと、そうではありません。

一人暮らしの経験がある方はおわかりかと思いますが、二人で生活した方が経済的にはずっと楽になります。

そして最大のメリットは、精神的に豊かな人生を送ることができるという点ではないでしょうか?

夫婦というのは、社会を構成する最小単位であり、すでにひとつのコミュニティーです。人間関係が生じ、そこから発生するさまざまな出来事は精神面を豊かにしてくれます。

わかりやすい言い方としては「寂しくない」というのがありますが、実際には、喧嘩をすることもあるでしょう。でも、人は一人では喧嘩すらすることができないんですよ?

つまり、人が二人寄り添うことで、感情が豊かになり、ひいては精神的に豊かになることができるのです。

せっかく生まれてきたのですから、豊かな人生を送りたいものですよね。

金銭的に豊かであれば幸せというわけではありませんし、精神的には満たされていても、経済的に苦しくてはなかなか幸せを実感することもできないでしょう。

つまり豊かさにおいてバランスのとれた人生を送って欲しいと思うのです。

特に女性は、「友人がたくさんいるので問題ない」と考える方が多いようですが、友人と身内は違います。身内という磐石な人間関係を持つからこそ、友人関係にも広がりをみせることができるのではないでしょうか?

初婚の方はもちろんのこと、訳あって離婚してしまった方も、今からでも結婚(再婚)を考えてみませんか?