婚活をして結婚(再婚)したいと思っている熟年の皆さまに、婚活をするための「やる気スイッチ」をどう押すか?というお話をしたいと思います。

少し、婚活から話は反れます。

某学習塾が「見つけてあげるよ~君だけのやる気スイッチ~♪」というテレビCMを行っていたのを、ご覧になった方は多いと思います。

では、「やる気」というのは、脳の、どの部位でコントロールされているか、ご存知でしょうか?

側坐核(そくざかく)といって、脳のほぼ中心に位置しているところだそうです。

そして、脳の中心にあるということは、外から指で押したりなどという、外界から物理的な刺激を与えることが不可能な場所なんです。

では、やる気を出すにはどうしたらいいか?という話になるのですが、これは皆さまも、ご経験があるのではないでしょうか?

例えば、掃除をしなくてはならないのに、どうしてもやる気が出ない。それでも、どうしてもやらなくてはならず、何とか気力をふり絞って掃除をしだすと、どんどんと気持ちが乗ってきて、思わず大掃除になってしまったということが。

つまり、この側坐核(そくざかく)は、身体の動きと連携していて、身体を動かし、その作業を継続することで、やる気が起こるそうです。

婚活そのものを、やる気にならない…

または、いざ婚活を始めたものの、やる気が継続しない…

そんな時には、ぜひ、お散歩をしてみてはいかがでしょうか?

身体を動かすことで、側坐核(そくざかく)が刺激され、やる気が起こってきます。

また、お散歩をおすすめするのは、散歩は、考えながら行うことができるという点です。

婚活をして、出会いたい人のイメージを考えたり、理想の結婚生活をイメージしたり、または、すでにお付き合いが始まっているお相手との未来をイメージしたり。

そういうことを考えながらお散歩をしてほしいのです。

「思考は現実化する」という言葉がありますが、これは真実だと私自身は思っております。

自分に結婚(再婚)は無理…と思っていらっしゃる方は、残念ながら、どんなに精力的に婚活を行っても、成婚には至らないでしょう。

逆に、「絶対に自分は結婚(再婚)するぞ!」と固く決心していらっしゃる方は、必ず、結婚(再婚)できます。

しかし、ただ、結婚(再婚)すればいいだけではありませんよね?

幸せな結婚生活でなければ、意味がありません。

そのために、幸せな結婚生活をイメージ(=思考を現実化させるため)しながら散歩をし、散歩をすることでやる気スイッチを入れる(=側坐核(そくざかく)を刺激する)。

いかがですか?

テレビCMのように、身体にONとOFFのスイッチがあれば、確かにコントロールしやすいでしょうが、私たちはロボットではありませんから、身体にONとOFFのスイッチはありません。

でも、それをコントロールすることは、自分自身の意識次第で、どうにでもなるのです!

ぜひ、婚活をしてみたいけれど、いまひとつ、やる気になれないあなた。婚活そのものが煮詰まってしまい、やる気が削がれてしまったあなた。

お天気のいい日には、幸せな結婚生活をイメージしながら、近所を散策してみてください。

やる気も戻ってくるでしょうし、幸せな結婚生活を現実化させるための、ひとつの手段でもあります。

また、婚活のことを考えながら歩くことで、自分自身の棚卸しもできて、自分自身をよりよく表現できるようにもなり、婚活に必ず役にたつと思います。

ただのお散歩なのに!です。

是非、お試しくださいませ。

やる気スイッチが押せた方は、結婚情報比較ネットから、資料請求をしましょう。
↓↓↓

今時の婚活事情を把握するには、各社結婚相談所のパンフレットに書かれている情報を読むのが一番ですよ!

皆さまが、心から幸せと思える日が来ることを、祈っております。